マーケットの動き 投資全般 相場技法

【うねり取り入門】8729を一部利確しました(仕掛けから利確の例)

投稿日:2018-04-24 更新日:

こんにちは。IT/経済ジャーナリストで投資家の渡辺です。

2月初頭から仕掛けていた8729(ソニー・フィナンシャル・ホールディングス)を一部利確しました。

まだ早いのですが、来月の遊ぶ金くらいは確保できました(笑)。

グラフを見ながら、振り返ってみたいと思います。

小規模ですが、初級者がうねり取りの仕掛けから刈り取りまでを理解するには、1つの事例にはなるかとも思います。

移動平均、ボリンジャーバンドを見つつ大幅な下落で仕掛ける

まずは、以下のグラフを見てください。

過去半年分の日単位での値動きを示す、日足(ひあし)です。

スポンサードリンク
≪GMOクリック証券≫取引に必要なマーケット情報が充実!企業分析ツールや投資情報が無料!

直近の高値が2,100円台中盤(ざっくり2150円と頭に入れておけばいいと思います)、安値が1800円を割るくらいです。

編集人は2月初旬に大きな下げがあったタイミングで参入しました。

11月下旬の底値から2ヶ月過ぎて、2100円台中盤で息切れしているようなので、ここでうねりのピークがいったん来たと判断していました。

その後、2月上旬に下降トレンドに入った上で、移動平均線やボリンジャーバンドを大きく下回ったことで、今度はうねりが下のラインに近づいてきたと判断し、リバウンドを狙ったものです。

ややタイミングが早過ぎたか

ところが、しばらく足踏みした後、もう一段下げ、1900円を割ってしまいました。

正直、少し仕掛けが早過ぎたのですが、ここで第2波と第3波でナンピンを入れました。

1950円だった平均値に、1900円、1890円、1880円、1870円とリズムを見ながら5回に分けて刻んでいき、平均値は1910円弱まで下がりました。

実際、参入したタイミングは、この銘柄の直近の大まかな動きでは、2ヶ月くらいのトレンドがあるのに、下降が始まって1週間くらいでした。

株価の勢いがあったので、また戻らないうちに、という焦りもありますが、1ヶ月くらいは待つべきで、早過ぎたというのが反省です。

2080円で最初の利確

結局、5回に分けて途中から200株ずつ買い増ししていったので、合計800株保有していましたが、2080円で300株ほど売りました。

計算を簡略化するため、端数と売買手数料はカウントしていませんが、(2080 – 1910) x 300で51,000円の利益です。

8729は配当も高いので(1株60円、100株あれば6,000円)、今回、期末の3月をまたぐことで、60 x 800 = 48,000円の配当も得られます(配当の支払は株主総会での承認を得た後で6月になりますが)。

この後、前回高値と同レベルと想定して2150円くらいまで上がるとして、2120円、2150円と利確していく予定です。

その手前で失速した場合は、しばらくホールドしながら、また安くなったら買って平均値を下げつつ、次のピークを待ちたいと思います。

キリのいいところでいったん全部利確して持ち玉をゼロにして、しばらく間を作って呼吸を整えるのがうねり取り技法なので、あまり持ち過ぎるのは邪道ではあるのですが(汗)。

とりあえず順当に行けばGW明け前後にピークが来るでしょうから、あまり欲張らずに、それでも粘り腰を見せつつ、残りも利確したいと思います。

 

-マーケットの動き, 投資全般, 相場技法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

少ない資金で初心者にもオススメできる2玉式FXうねり取り その2・分割売買で変動リスク分散

初心者がFXで勝率の高いうねり取り投資をするために、前回は資金計画(配分)について説明しました。 <前半> ・少ない資金で初心者にもオススメできる2玉式FXうねり取り その1・資金計画 くどいようです …

うねり取り投資家ならトレンドを見るため月足を必ず確認する

うねり取りは数少ないアマチュアでも勝てる見込みのある相場技法ですが、それでもリスクはあり、その対応法を知っておくことは重要です。そのための有効なツールとして、長期的な株価の動きを見るのに役立つ月足の使 …

スプレッドシートにペースト

テクニカル分析に必要な株価データをどう入手するか

株価の動きはランダムウォーク(千鳥足)と言われ、不規則な動きをするものだというのが研究成果として知られています。 つまり、テクニカル分析には科学的根拠はないということです。 それでも、編集人は移動平均 …

no image

株価が割安か測る方法 〜PERとPBRは手軽に使える

こんにちは。IT/経済ジャーナリストで投資家の渡辺です。 株は安いときに買って高いときに売る、という大原則があるのは誰でも知っています。 じゃ割安かどうかはどうやって適切に判断するのか。 これが分かれ …

グラフを見てもニュースを聞いてもトルコリラはお勧めできない3つの理由

こんにちは。渡辺です。 トルコリラはスワップが高く、価格も安いため高金利が得られます。 その利率はレバレッジなしでも10%前後になります。 0.1%の日本の定期預金から考えたら、夢のような金額です。 …