FX マーケットの動き リスク管理 自動売買 雑感

【ループイフダン検証 】(何度目かの)トランプショックの乱高下を乗り切り、利益が出る

投稿日:2018-03-27 更新日:

こんにちは。IT/経済ジャーナリストで投資家の渡辺です。

相変わらずアイネット証券のループイフダンの仕組みを走らせています。

ニュージーランドドルの試験運用を始めたら、すぐにトランプの保護法益政策で日経が1日で一時1,000円以上、ニューヨークダウが1,000ドル下落する荒れ相場がやってきました。

このくらいの2〜3円の動きで荒れば、ループイフダン にとっては草刈り場になります。

3日で1.5円超の上下動

まず本日(3/27)時点でのニュージーランドドルの日足になります。

3/22のトランプ大統領の保護主義的な政策のアナウンスで77円付近だったニュージーランドドルが75.5円まで一気に下がります。

日経も1,000円下げた売り一色のところで、20銭幅で買いポジションを建てていく編集人の設定で、最大7本のポジションが建ちました。

このような暴落は年に何度かありますが、だいたい続くのは2日から3日です。

今度は売られ過ぎた反動で75.7円から77円までリバウンド上昇しました。

これにより、7本のうち6本が利確しました。1,000NZドルでの20銭毎の利確なので、0.2 x 1,000 = 200円で、1回の利確で200円の利益となります。

つまり2日のうちに、200 x 6で1,200円の利益となります。

それなりに1〜数日ほど保有してスワップも付いたので、200円ぽっきりでなく、プラスアルファが付いています。

半分戻し

相場格言では、半分戻しと言われ、急激な暴落で大幅に下落した後に、当初の下落幅の半分までは戻すと言われています。

また同じくシステムトレードの数少ない有力なアルゴリズムの1つに、短期間に移動平均の水準を大幅に下回るような急激な下落は、高い確率でリバウンドすることも知られています。

今回も下落幅の半分まで戻しました。ここから先は急激に上昇するのか、少し落ち着いてレンジで推移するのか、勢いが弱くてこれからしばらく下落トレンドが続くのか分かりませんが、もうしばらく、リスクを必要以上に取らない範囲で、NZドルでの試験運用を続けてみて、またご報告します。

注意:大きく動いた時に資金を飛ばすリスクがあるので、レベレッジは3倍以下でポジションを作ることを強くお勧めします。

ループイフダン の詳細やアイネット証券への口座開設はこちら

-FX, マーケットの動き, リスク管理, 自動売買, 雑感

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

no image

【うねり取り入門】うねりの低迷期の待ち方

こんにちは。IT/経済ジャーナリストで投資家の渡辺です。 昨日、今日と相場が上昇トレンドに入ったようで、ドル円も107円台に突入し、ビットコインなど仮想通貨市場も上がってきています。 これまでかなりの …

no image

スマートデイズのような不動産投資のリスクを避けて少額のREITを持つ

こんにちは。IT/経済ジャーナリストで投資家の渡辺です。 最近、家賃保証をした不動産投資が失敗した、という報道をよく見ます。 ちょっと疑問なのは、銀行の定期預金、さらには日本国債より利率のいい投資には …

【ここだけ理解すればOK】投資でいうリスクの意味

こんにちは。IT/経済ジャーナリストで投資家の渡辺です。 人工知能生活マガジンにビジネスや企業でいうリスク管理について、説明してみました。 参考: 事例で示す、よく分かるリスク管理入門 まず「リスク」 …

no image

【ループイフダン】ランキングを見て、失敗しない条件を考え、英国ポンドの買いを選ぶ(その2)

こんにちは。IT/経済ジャーナリストで投資家、ここ最近はプログラマーだった渡辺です。 前回はいくつかの条件を考慮した上で、アイネット証券のループイフダンを使ってポジションを建ててみることにしました。 …

メキシコの街並み

地道なうねり取りの基礎練習のやり方 〜FXで実践してみた

株やFXで利益を出しやすい「うねり取り」投資法ですが、どこからどうやればいいか分からない人も多いと言われています。今回は少ない資金でも実際にポジションを入れてみて、利益を得る方法を説明します。意外にあ …